読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心と身体のチューンナップ

精神も身体もメンテナンスして快適に過ごしましょう

口臭がとても気になる人に!自分で気づくには?どうしたら予防できる?

f:id:marverickjp:20170331155947j:plain

自分の口臭は、自分ではなかなか気づかないものですが、他人の口臭を嗅いだときなど、「もしかしたら私も...」なんて気になりますね。でも、家族にだって、自分のお口の臭いを嗅いでもらうのもハードルが高すぎます。

  そんなとき、自分の口臭をチェックして、ある場合にはどうすればいいか、まとめてみました。

自分の口臭のセルフチェック法

息を溜める

小さめのビニール袋やコップに息を吹き込んで、30秒ほど逃げないように抑えておきます。一度深呼吸して鼻をリセットしてから、溜めた息の臭いを嗅ぎます。起きて直ぐ・食後・空腹時・緊張している時など、口臭が出やすい状況の時に繰り返してチェックしてみましょう。

歯垢を嗅いでみる

新しい歯ブラシ・糸ようじ(デンタルフロス)・歯間ブラシ等を使って、歯垢を取って、その臭いを嗅ぎます。歯垢が原因の口臭がどのくらい出ているか見当がつきます。

オキシドールを使う

消毒薬のオキシドール(過酸化水素水)を、その3~10倍の量の水で薄めたものでうがいをして、何かの容器にはき出します。

はき出したものがブクブクと泡立っていたら、口の中に「カタラーゼ」という酵素を持つ細菌が繁殖していて、口臭の原因となっている可能性があります。

オキシドールは飲み込まないように注意してください。

口臭チェッカーを使う

口臭をチェックする機器が市販されています。(2~3千円程度)

息を吐きかけると、レベル0(口臭がない)からレベル5(口臭がひどい)のどれに当たるか示されるものが多いですね。

ただ、実際に使った人のレビューでは、口臭の激しい人のチェック結果がレベル0だったので信用できないとも書かれています。

参考程度にとどめておいた方が良いかもしれませんね。

舌をチェックする

舌の白くなっているところ(舌苔:ぜったい)を柔らかい布やティッシュでぬぐって、臭いを嗅いでみましょう。舌苔のせいの口臭が分かります。

マスクを使う

顔の下半分をすっぽり覆うような大きめのマスクをします。口からゆっくりと長く息を吐き、鼻から息を吸うことを繰り返します。

口臭がある場合は、何度か呼吸を繰り返すうちに分かるようになってきます。

自分の手を舐める

自分の片手の手の甲や手首を舐めます。気になる人は、洗ってから舐めましょう。

1分ほど待って唾液が乾いたら、まず、舐めていない方の手の臭いを嗅ぎます。

次に、舐めた方の手の、舐めたところの臭いを嗅ぎます。そのとき臭いようでしたら、口臭がしている可能性があります。

口臭がある場合はどうしたら良いのでしょう

自分に口臭があると分かったらショックですね。たぶんあるだろうなと予想していたとしても...

そういうときにどうしたら良いのか、いくつか方法を説明します。

歯磨きの仕方

歯を磨くときは、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシ・糸ようじ・デンタルフロス等で、歯と歯の間もきれいにしましょう。

舌を磨く

舌の表面の、白かったり黄色っぽかったりする舌苔は、口臭の原因になるので、取り除きましょう。

ただし、歯ブラシでゴシゴシこすったりすると、舌が傷ついてしまいます。専用の舌クリーナーでやさしく磨きましょう。歯ブラシと並んで売られていることが多いです。

唾液が良く出るようにする

唾液が出ることによって、口の中が洗い流されて、口臭の予防になります。

食事の時、一回ものを口に入れるたびに、30回から50回くらい噛むようにすると、唾液が良く出るようになります。また、よく噛むと、消化器にも良い影響があるので、胃腸が原因の口臭予防にもなります。

ガムを噛むのもお薦めします(シュガーレスのものです)。

オキシドールで口を洗う

口臭のセルフチェックで使ったオキシドールを、口臭予防にも使えます。

歯磨きをした後、10倍ほどに薄めたオキシドールを口に含んでうがいをします。

最後は、口の中に残らないよう、よく吐き出してください。口の粘膜が弱い人など、オキシドールをピリピリ感じる人は、この方法はやめておきましょう。

禁煙する

タバコは、それ自体が臭いの元となる上に、歯周病を悪化させたり、口の中を乾燥させたりして、ますます口臭を悪化させます。

歯医者に行く

歯周病や虫歯は、口臭の大きな原因の一つですので、歯医者さんで治療をしましょう。

正しい歯の磨き方を教えてもらうこともできます。

口臭外来に行く

最終手段として、口臭外来に行くという手があります。

総合病院にあったり、歯科医が開設していたり、専門のクリニックがあったりします。

近くにないか、探してみましょう。なお、原則的に保険が効かないので注意しましょう。